Tipsタイトル画像

 
- + - セキュリティソフトを導入する - + - ページ:1/3
 Windowsで普段パソコンを使っていると、様々なマルウェアに遭遇する危険性があります。
 ひと昔前までは単に「コンピュータウィルス」と呼んでいましたが、現在は多種多様な悪質なプログラムが存在しているので、それら「悪意のあるソフトウェア」をまとめて「マルウェア」と呼ぶ様です。
 マルウェアには「コンピュータウィルス」「ワーム」「トロイの木馬」「スパイウェア」「アドウェア」等が含まれます。
 
 但し、パソコンで普通の楽しみ方をしている限り、そういったマルウェアに出会う事はそうそうありません。「Norton Internet Security」を10年近く使用している私ですが、2008年〜2009年の一年間、Yahooで検索をして色々な個人サイトや企業サイトを見たり、ネットショッピングをしたり、ニコニコ動画やYouTubeを見たり、2ちゃんねるを覗いたりしましたが、マルウェアの検出は0件です。一切ありませんでした。
 更に私の場合は、メールの送受信はMacで全て行っている為、スパム等と無縁である事も関係しています。
 
 一括りで「セキュリティソフト」としていますが、パソコンの安全を守る為のソフトウェアには以下の様な種類があります。
  • ウィルス対策(ウィルスやワーム等を検出して駆除する)
  • スパイウェア対策(スパイウェアを検出して駆除する)
  • ファイアウォール(意図しない通信を監視・遮断する)
 
 
 その他、総合セキュリティソフトやネット上のサービス・プロバイダは「フィッシング詐欺対策」「スパム対策」「有害サイトのブロック」「年齢制限」等といった機能も用意しています。
 更に、セキュリティソフトには企業の製品版だけでなく、無料版も数多くあり、機能・性能も一長一短です。
 製品版では、上述のセキュリティ機能をほぼ揃えた多機能なパッケージとなっており、お金は掛かりますが専門知識も必要無く安心です。(一度ソフトを購入するだけでは済みません。製品版ソフトは各社「年間契約」で、パソコンを保護し続けるには毎年数千円の出費が必要です)
 逆に無料版では、セキュリティ機能一つ一つについてそれぞれの専用ソフトウェアを導入しなければならず、その設定やソフト同士の相性等、慎重に検討したり試しにインストールをして暫く様子をみたり、という知識・経験・覚悟が必要です。更に、どの製品が優れているかとなると、人によってパソコンの環境も好みも違うので結論は出ません。
 
○総合セキュリティソフトウェア一覧(有料)
○ウィルス対策ソフトウェア一覧(無料)
○スパイウェア対策ソフトウェア一覧(無料)
○ファイアウォールソフトウェア一覧(無料)
 マルウェア対策で最も大切な事は「パソコン環境を最新の状態にする」という事です。
 特に「OS」「Webブラウザ」「Adobe Reader」「Adobe Flash Player」等のソフトウェアの弱点(欠陥・バグ)を攻撃するマルウェアが多いので、そういった弱点を解消したバージョンをきちんとインストールしておけば被害を受ける心配が無くなります。セキュリティソフトさえ入れておけば安心、ではないのです。
 
 
 ここでは、3種類のソフトの導入を説明します。
・ウィルス対策:avast! Home Edition
・ファイアウォール:COMODO Internet Security
・スパイウェア対策:Spybot - Search & Destroy
<作業の概要>
1.avast! Home Editionを入手・インストール
2.COMODO Internet Securityを入手・インストール
3.Spybot - Search & Destroyを入手・インストール
ページ制作2009年9月23日 
ウィルス対策avast! Home Edition公式サイトへのリンクボタン
ファイアウォールCOMODO Internet Security公式サイトへのリンクボタン
スパイウェア対策Spybot - Search & Destroy公式サイトへのリンクボタン
トップページへのリンクボタンスペーサーGIF前のページへのリンクボタンスペーサーGIF次のページへのリンクボタン
 
 

COMODO Internet Securityの入手

 

 次はファイアウォール構築ソフト「COMODO Internet Security」を入手します。
 
 

 
公式サイトへ行き、メニューから「FREE DOWNLOADS」をクリックして下さい。
 
 

 
「Internet Security」の「Free Download」をクリックして下さい。
 
 

 
ご自分のパソコンのOSが32bitか64bitかでダウンロードファイルが異なります。どちらかをダウンロードして下さい。
 
 

 
ダウンロードが終わったら、インストーラファイルをダブルクリックして下さい。
 
 

 
次へ」をクリックして下さい。
 
 

 
次へ」をクリックして下さい。
 
 

 
同意する」をクリックして下さい。
 
 

 
次へ」をクリックして下さい。
 
 

 
インストールが進むまで暫く待ちます。
 
 

 
COMODOからのニュースをメールで受け取りたい人はメールアドレスを記入して下さい。不要なら空欄でも良いです。
そして「次へ」をクリックして下さい。
 
 

 
今回の例では既に「avast!」というウィルス対策ソフトをインストールしていますので、「COMODO Antivirus」のチェックを外して「COMODO ファイアウォールをインストールする(推奨)」だけにチェックを入れて「次へ」をクリックして下さい。
 
 

 
真ん中の「ファイアウォールとDefence+ の主な機能」にチェックを入れて「次へ」をクリックして下さい。
 
 

 
これは好みです。ブラウザ等のネットワークを使用するソフトに対して警告が出た時、同じ状況で他のユーザー達が許可しているのか禁止しているのかの統計を見る事が出来ます。お好きな方を選んで「次へ」をクリックして下さい。
 
 

 
ツールバーをインストールしたり、ブラウザのホームページをCOMODOにしたりを設定します。
不要なので「全てチェックを外して、次へ」をクリックして下さい。
 
 

 
インターネットへの接続について、COMODOのサーバを使用するかどうかです。
I do not...」を選択して「次へ」をクリックして下さい。
 
 

 
終了」をクリックして下さい。
 
 

 
完了」をクリックして、再起動をして下さい。
 
 

 
起動すると、ファイアウォールとして第一段階のウィンドウが出現します。
192.168.1.xというIPアドレスは自分自身のパソコンに割り振られたアドレスですので、「OK」をクリックして下さい。
 
 

 
最初は、様々な警告が出ます。しかし、ウィルス対策ソフト等を入れていれば、この段階では危険なソフトは無い(筈)です。
ですので、「許可」をクリックし続けても大丈夫です。
 
 
今後は、様々なネットワークの動きを全て監視して、その都度「通信を許可するか」のダイアログが出ます。
その時、コミュニティに参加していれば、そのプログラムが他のユーザーがどの位許可・禁止しているかが表示されますので、参考になります。

 
 
トップページへのリンクボタンスペーサーGIF前のページへのリンクボタンスペーサーGIF次のページへのリンクボタン
 
 



inserted by FC2 system